2014年3月30日日曜日


プレイエル ピアノ


 我が家にプレイエルピアノが運び込まれました!
            

    

     1910年製のピアノです!

     5月22日木曜日 紀尾井ホールでのオールショパン プログラムのリサイタルで

     プログラムの一部をプレイエルで弾いてみることに決定したのが昨年末の音楽会の

     チラシづくりの締切ぎりぎりでした。

     実はプレイエルに限らずフランスのピアノには私は今までなじみが薄く、 今回のこの

     企画はある日突然思いついたアイディアなので実は不安がいっぱい。

     本番の楽器をどこから調達するのか? 良い楽器が見つかるのか?

     それまでの練習は?等々まったくの手探り状態でした。

     紆余曲折の結果いろいろな方の御好意とご協力のお蔭で本番のピアノ、そして

     それまでの練習のピアノが運よく見つかりました。

     譜面台の装飾が美しいです!

            


     1910年と言えば今から100年以上前の楽器ですが、ショパンの時代の楽器からは

     アクションなどはすっかり近代化された現在の楽器にかなり近いものですが、

     共鳴板などに傷もなくピアノ線もオリジナルということで音色はプレイエルならではの

     やわらかく、輝く高音の伸びやかさ、低温の深い響き。。。今までショパンで 苦労していた

     右手の単音のメロディーを左手の分散和音の響きと共にレガートで歌わせる。。。ことや


     右手で奏でる十六分音符の早い音型が和声の響きとなって自然に弾けることを実感。

     ショパンがなぜこの曲をこのようなペダルの指示と共に書いたのか。。。納得するとともに

     新たな試みもしたくなるピアノです。

          


  
    ☆ スタインウェイD型の隣に置いて両方のピアノを弾き比べるのが楽しみ!
     

    



0 件のコメント:

コメントを投稿