2013年4月30日火曜日


ワシントンの休日

3月26日~3月28日

ワシントンでは2月にコペンハーゲンから引っ越ししてきた世界銀行に勤める従姉夫妻の

素敵なアパートに泊めてもらい、リラックスした数日を過ごし観光も楽しみました。


ジョージタウンにほど近いモダンなアパートです



          昼食の準備をしてくれる従姉のご主人Knudです




Philip Collection前で




National Gallery


 


  大好きな美術館の数々はワシントン観光の最大の目玉ですが残念ながら今回は     
  フィリップ コレクションとナショナル ギャラリーのみでしたが、
  
   素晴らしい名画の数々を前にため息が!

    

ラファエロ


ダ ヴィンチ

           

                 



フェルメール


         ほとんどが個人の所有で美術館に寄贈されているのも驚きです。





人気のジョージタウンの港からボートに乗っでポトマック河から数々のモニュメントも見えました。 

本当は桜が満開のはずだったのですが。。。。。

                         寒すぎました!
            



          

       


                      
ジョージタウンの船着き場でケネディーセンターをバックに


港のシーフードレストランは◎ 

お魚も貝も新鮮でワインもとっても美味しかったです!



2013年4月7日日曜日


日本大使公邸での

コンサートと晩さん会



3月25日月曜日

朝起きたらなんと夕べ遅くからの雨が雪に変わって外はいちめんの銀世界!です。

今晩は在アメリカ日本大使公邸での私達のコンサートと正式なディナーを佐々江大使御夫妻が 企画して下さいました。


今回のワシントン訪問のハイライトとなる夕べです。

大使公邸は高台のNebraska Ave.の門を入り、ドライブウェーを下ると

立派な玄関車寄せに着きます

別棟には池に浮かぶように建つお茶室も。

素晴らしい建物で、ピアノのある広間のガラスの向こうには、折からの雪景色の中に

茶室が見えて、幻想的でなんとも美しいこと。



             佐々江賢一郎大使ご夫妻と

           窓の向こうに見えるのがお茶室です



             今日のコンサートのプログラムです

                                                   
                            
      ショパン:  ノクターン へ長調 作品15-1

      武満徹:  雨の樹素描     寺田 悦子
                        
       
      シベリウス: フィンランディア  渡邉 規久雄 
          
                      
      ブラームス;ハンガリア舞曲 第5番、第6番 

                      寺田+渡邉 四手連弾
     
      佐藤敏直:  おどりうた   四手連弾

                      寺田+渡邉 四手連弾
        


         最初に今晩のお客様へのご挨拶と佐々江大使ご夫妻の
        
 ご厚意に対する御礼、そして少し曲目についてのお話をしました

                           
















そんな中でのミニコンサートを私達も楽しみました。






          






コンサートの後は約30人以上のお客様と共に

テーブルに座っての正式なディナーです。

桜をテーマに美味しい日本料理とフレンチのコラボレーションの料理の数々に

ワシントンの名士のお客様たちもとても


とても喜んでいらっしゃいました


私達にとっても忘れられない想い出となる一夜でした


                                                                    ディナーのMenu


                                              

大テーブルには桜のアレンジ花が飾られて
華やかな雰囲気が。。。


最初に佐々江大使のスピーチが。 私のお隣は韓国大使のiMr Cho











2013年4月6日土曜日

New York 最後の日

3月23日土曜日

リンカーン センターにある母校ジュリアード音楽院へ久しぶりに行ってみる。

ジュリアードは近年すっかり改装されて、私が在学していたころとは入り口も違えば、増築されていて

広くもなっている。















今日は土曜日なのでプレカレッジの子ども達のリサイタルが次から次と行われていて13歳と14歳の子のヴァイオリン リサイタルをPaul Hallで聴く。
二人とも自分らしい音楽をしている。

         


          懐かしいジュリアードのPaul Hall ここで私も卒業試験を弾いたっけ!



ランチはピアニストの江口玲、羹愛里夫妻と落ち合って、

昔からある近くのレストランで飲茶を一緒に。

愛里ちゃんは中学生の頃にレッスンに来ていたことがあって、

その後アスペンの音楽祭で出合ったりしたが

今回は本当に久しぶりの再会で楽しくおしゃべりを。

ご招待するつもりが逆に彼らに御馳走になってしまい恐縮しかり。。。

とっても楽しい時間でした。御馳走さまでした! 






その後大好きな近代美術館へ。

閉館間際に飛び込みました。


ちょっと寒かったですが中庭は素敵な空間です


3月24日日曜日

石川さん親子が帰国する日で、最後の朝食をホテルのレストランでする。

楽しいニューヨークでの数日間でしたね!




私達はPen. StationからAmtrackのメトロライナーに乗り

ワシントンDCへ向いました。



            メトロライナーも少し速くなりました!
            新幹線には負けますが。。。


途中Baltimoreで途中下車してウィーン時代からの親友の韓国人ピアニスト

Yong-hi Moonが向かいに来てくれて一緒にランチを。

彼女はPeabody音楽院の教授をしていて優秀な生徒を沢山輩出している。

食事中も昔話や共通の友人たちの話題で尽きないが、

彼女の車でワシントンの街まで送ってもらうことに。

あっ あまりにもおしゃべりに夢中で彼女の写真を撮り忘れました!


夕方ワシントンの規久雄の従姉夫妻のアパートに到着。

George Town にほど近いとてもロケーションの良いところの新しいアパートです

              


2013年4月4日木曜日

 Music Conservatory of Westchester

                 コンサート Four plus Four

                 子供達のマスタークラスをしました

         
3月22日
           ニューヨークの北の住宅街White Plainsにある
       音楽院で 4人の子供たちのレッスンをしてから
          Svetlana Gorokhovich さんとIrena Portencoさんと
       一緒にジョイント コンサートをしました。
       盛りだくさんの楽しいプログラムです。


              プログラム


          渡邉規久雄+寺田悦子の二台ピアノで
       ワーグナーのトリスタンとイゾルデから
       「前奏曲」と「イゾルデの愛の死」を。

       SvetlanaとIrenaの四手連弾で
       ラヴェルのスペイン狂詩曲

       また渡邉+寺田で
       ドビュッシーの交響詩 「海」全曲 二台ピアノ
       
       ブラームスのハンガリア舞曲第5番、第6番
                             四手連弾

       Svetlana+Irena
                ブルーベックのプレリュード(ジャズ)二台ピアノ


       渡邉+寺田で
       佐藤敏直 おどり歌    四手連弾


       最後に4人で一台のピアノで八手連弾曲
       ラヴィニャックのギャロップ
          これが大うけでした!!!

      リハーサルの時間がほとんどなくぶっつけ本番に
      近い状態でしたが見ていておかしく、楽しい曲です!
      聴衆の誰かがiphoneでとったらしく
      早速U-Tubにアップされました。