2012年5月25日金曜日

CD紹介:ストラヴィンスキー:春の祭典 (4手版)ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲 第2番


とても嬉しいことにCD「春の祭典 ラフマニノフ組曲2番」がレコード芸術6月号の今月の特選盤に選ばれました。


また5月23日毎日新聞夕刊の今月のお薦めCD「私の3枚」に
梅津時比古氏が書いてくださいました!





目下来月の名古屋公演の新しいレパートリー、ドビュッシーの交響詩「海」の勉強に取り組んでいます。この曲も20世紀の初めに書かれたオーケストラの名曲です。
ドビュッシー自身が連弾用に編曲していますが、音も多く手が交差してほとんど演奏不可能?!ということでめったに弾かれることがありません。
アンドレ カプレが二台ピアノ版に編曲したものを今回演奏しますが、原曲にかなり忠実でそしてとても美しい編曲となっています。譜読みにとても手こずっていて、まだまだ思うような色彩やリズムが再現できませんが、だんだんイメージが確かなものになりつつあり演奏をするのがとても楽しみになってきました。



ストラヴィンスキー:春の祭典 (4手版)ラフマニノフ
2台ピアノのための組曲 第2番
待望の寺田悦子&渡邉規久雄のピアノ・デュオ・アルバムが登場!

~収録曲~
ストラヴィンスキー:春の祭典 (4手版)
ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲 第2番



以下 オクタヴィアレコードのページより

デュオとしての共演暦30年となる二人のシンフォニック・アルバムです。
互いに日本を代表するピアニストとして長年キャリアを積んできた両者ですが、近年ピアノ・デュオとしての活躍も目覚しいものとなってきました。そして遂にデュオ・アルバムをリリースすることになりました。
そのタイトルに選んだ楽曲は、「春の祭典」と「ラフマニノフの組曲第2番」という超重量級の大曲が並びました。
まさに20世紀ロシア音楽の代表格ストラヴィンスキーとラフマニノフ。高い技術力と完璧なアンサンブルを要求してくるこの楽曲に、真摯にそして悠然と向かい合い、シンフォニックでロマンチシズムの溢れる演奏となっています。
2台ピアノによる「春祭」のエネルギー全開の激しいサウンドは聴くものを圧倒します。
また、今回収録で使用したメインマイクロフォンは、多くの名録音を作ってきた名高いノイマン社製M50です。
量感豊かなこの演奏をさらに際立たせます。
オーディオ的にも最上級のピアニズムの響きをお楽しみ下さい。



録音:2012年3月7-9日
富山、北アルプス文化センターにて収録


CDの詳細、購入はオクタヴィア・レコードのWEB SHOPをご覧下さい。