2012年3月23日金曜日


紀尾井ホールのリサイタル「調の秘密Ⅰイ長調」が終わりました。




今回も調律の川真田さんが最後まで丁寧に楽器の調整をしてくださいました。






                                 
リハーサルでは舞台上で自分に聴こえてくる響きや手の動き、会場の客席での響きをチェックしながらピアノの位置を決めます。
ステージマネージャーの安斎さんと川真田さんに協力していただいてピタッとくる場所を決めた後は開演1時間前までおよそ2時間のリハーサルです。



                  

当夜は幸いお天気にも恵まれて大勢のお客様に来ていただきました。

今回の3曲のイ長調のソナタによるリサイタルは私にとって大きな挑戦でしたが、
本番では思いもかけない落とし穴(?)も。。。。
うーんやっぱりピアノを弾くのは体力と集中力がいる仕事です!
音楽に集中しているつもりでも頭と手が連動しないもどかしさ。。。

なかなか自分では気持ち良い演奏は出来ないものですが、次回「変ロ長調」に向けて
また新たな気持ちを引き締めて臨みたいという思いです。


                       
開演前ロビーのお花の前でマネージャーの伊藤さんも一緒に


ステージマネージャーの安斎さん、いつもありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿